解析事例

アプリケーション、アプリケーションパッケージによる、各種の詳細事例をご紹介します。

横にスクロールしてご覧ください。

事例 概要
細胞播種時の播種ムラが細胞増殖に影響を与えることを培養中の細胞の連続観察と位相差画像解析から検証しました。培養細胞の連続観察と画像解析は、これまで指標化が難しかった培養技術や細胞状態の評価を可能にします。
シングルセルからiPS細胞コロニーまでの画像から細胞数を算出します。
自動で画像を取得し、非侵襲的に細胞数の変化を経時的に追うことが可能です。大切な細胞を無駄にすることなく、そのまま次工程に移行させることが可能です。
位相差画像解析による非侵襲的な手法により、Mesenchymal Stem Cell (MSC) の培養面中に占める割合(細胞占有面積率/コンフルエンシー)を数値化します。
位相差画像解析による非侵襲的な手法により、コロニー画像からinduced pluripotent stem (iPS)細胞コロニーの粗密状態を判定します。
位相差画像解析による非侵襲的な手法により、ヒト induced pluripotent stem (iPS) 細胞コロニーを自動認識し、各コロニーの面積測定を行います。