Mesenchymal Stem Cell (MSC) 細胞占有面積率測定

細胞品質評価位相差画像解析による非侵襲的な手法により、Mesenchymal Stem Cell (MSC) の培養面中に占める割合(細胞占有面積率/コンフルエンシー)を数値化します。

背景

Mesenchymal Stem Cell (MSC)は継代を経ることで増殖能が低下し、最終的に分裂停止に至ることが知られています。このため、培養中のMSCの増殖能を経時的に知ることは、細胞の品質管理に有用であると考えられます。また、MSCの継代はコンフルエントに達する前、培養面の70〜80%を細胞が占めるサブコンフルエントの状態で行われるのが望ましいとされています。その判断は通常目視で行われており、作業者によって判断が異なることもあります。
これらの課題を解決するため客観的な指標により細胞占有面積率の数値化をすることが求められています。

目的

培養中の細胞の増殖を非破壊的かつ経時的に測定し定量化することで、培養細胞の状態を客観的に評価する指標を提供します。

方法

細胞培養観察装置「BioStation CT」またはインキュベータ内に設置した「BioStudio-T」 を用いて撮影したMSCの位相差画像から、画像解析によりMSCが占めている領域を特定し、面積を自動で算出します。細胞占有面積が観察画像上でどれくらいの割合を占めるかを計算することにより、細胞占有面積率を算出することができます。タイムラプス撮影により経時的に画像取得を行えば、細胞占有面積率の増加曲線を作成できます。

位相差画像の解析による細胞占有領域の特定
使用細胞株:UE7T-13 (JCRB1154)
細胞占有面積率の経時的変化
使用細胞株:UE7T-13 (JCRB1154)

ライブセルイメージングと画像解析技術を駆使した、細胞品質・培養工程評価システムを提供し
より安定的な細胞製造に貢献します。

詳しく見る