事業紹介

ニコンのヘルスケア事業は、人々のクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献しています。

顕微鏡ソリューションは、バイオサイエンスや医学の研究において、ライブセル観察をサポート。生細胞の構造や動きをナノスケールで観察するための超解像顕微鏡N-SIM Sなどで、新たな知見の獲得に貢献します。

細胞ソリューション(再生医療・創薬支援)は、細胞の培養プロセスに貢献。細胞の品質を評価する細胞培養観察装置BioStation CTなどで、再生医療セルプロセッシングを通じた細胞を用いた治療や、創薬アッセイ(分析・評価)を通じた新薬の誕生に貢献します。

眼科ソリューションは、網膜画像の診断を超広角走査型レーザー検眼鏡で支援。眼科領域における疾病の早期発見と治療に貢献します。さらに糖尿病などの内科領域の全身疾患の早期発見と治療にも役立ちます。

以上の3つのソリューションはすべて、人々のクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献します。

光学の力で、医療・バイオ分野へ新たなソリューションを。

執行役員 ヘルスケア事業部長 濱谷 正人

ヘルスケア事業部は2017年、医療機器を扱う「メディカル事業推進本部」と生物顕微鏡などを扱う「マイクロスコープ・ソリューション事業部」を統合することで誕生しました。現在、「顕微鏡ソリューション」、「細胞ソリューション(再生医療・創薬支援)」、「眼科ソリューション」で構成されています。

詳しく見る

顕微鏡ソリューション

約1世紀におよぶニコンの光学技術の象徴である、最先端の生物顕微鏡を開発・提供するとともに、ヘルスケア事業部の核となるさまざまな経験と知見をハード、ソフトに展開しています。

詳しく見る

細胞ソリューション(再生医療・創薬支援)

ニコンは長年にわたり、優れた光学顕微鏡を医療分野に提供。その過程で、細胞観察に関する豊富な経験とノウハウを蓄積してきました。

詳しく見る

眼科ソリューション

眼科ソリューションは、ニコングループのOptos社製、超広角走査型レーザー検眼鏡を提供するとともに、この装置による新たなソリューションを提案します。

詳しく見る

関連グループ会社