細胞核
さいぼうかく
cell nucleus

細胞核とは、細胞内に存在する細胞小器官の一つで、遺伝情報であるDNAやRNA、タンパク質が含まれています。単に「核」とよぶこともあります。ヒトを含む真核生物では、細胞核の一番外側に、脂質二重膜からなる核膜が存在します。
多核形成する骨格筋細胞やがん細胞、分化する途中で核が消失するヒトの赤血球など特殊な例を除き、一つの細胞の中に存在する核は一つだけです。この性質を利用して、細胞核を染色し、画像解析を用いてその染色された細胞核を自動カウントする手法も開発されています。また、核と細胞質の比率(nuclear-to-cytoplasmic(N/C)比)は細胞周期や細胞分化の指標になるため、創薬アッセイなどにおいて画像解析による細胞活性評価に用いられることも多くあります。

関連用語

もっと詳しく学ぶ

この用語の関連事例

    ウェビナー情報ウェビナー情報
    閉じるウェビナー情報