細胞培養(セルカルチャー)
さいぼうばいよう(せるかるちゃー)
cell culture

細胞培養(セルカルチャー)とは、細胞培養用の培養容器あるいは培養足場に細胞を播種し、目的通りに維持または分裂増殖、もしくは分化させること。細胞培養は、温度や湿度、培地のpH、酸素濃度などが適切にコントロールされた環境で行われる必要があります。
再生医療分野においては、細胞に薬剤処理や生物学的特性改変、遺伝子工学的改変などを施して、細胞や組織の特性を人為的に改変したうえで増殖させたり、細胞・組織を活性化させたりする工程を指す「培養加工」と同等の意味を指す用語として使われることがあります。

出典

平成20年2月8日 薬食発第0208003号「ヒト(自己)由来細胞や組織を加工した医薬品又は医療機器の品質及び安全性の確保について」https://www.pmda.go.jp/files/000205396.pdf 平成24年9月7日 薬食発0907第2号「ヒト(自己)体性幹細胞加工医薬品等の品質及び安全性の確保に関する指針」https://www.pmda.go.jp/files/000205400.pdf

関連用語

もっと詳しく学ぶ

この用語の関連事例

    ウェビナー情報ウェビナー情報
    閉じるウェビナー情報