臍帯血(さい帯血)
さいたいけつ
umbilical cord blood

臍帯血(さい帯血)とは、臍帯(いわゆる「へその緒」)と胎盤に含まれている血液のこと。幹細胞ステムセル)が豊富に含まれるため、白血病などの血液疾患患者への移植用として使われているほかに、再生医療等製品の原料細胞としての用途が期待されています。
臍帯血にはMSC間葉系幹細胞)やEPC(血管内皮前駆細胞)が豊富に含まれています。これらの細胞を供給源とした新しい再生医療の開発や、難治性免疫疾患に対する細胞治療の開発が注目されています。

関連用語

もっと詳しく学ぶ

この用語の関連事例

    ウェビナー情報ウェビナー情報
    閉じるウェビナー情報