お役立ち情報TOPへ

iPS細胞由来神経細胞の創薬研究開発への利用について、現状と課題をご紹介

公開:2020.12.09

iPS細胞由来神経細胞の創薬研究開発への利用について、現状と課題をご紹介
  • テーマ
    Newノーマル ~ここまでできる画像解析~
    創薬におけるiPS細胞由来神経細胞の有用性
  • 開催日
    2020年10月30日(金)
  • 演者
    東京大学大学院薬学系研究科
    ヒト細胞創薬学寄付講座 特任教授 関野祐子 先生

ウェビナー概要

製薬企業やアカデミアの創薬研究者において、iPS細胞由来神経細胞を培養しながら薬剤の効果の経過を追うフェノタイプスクリーニングが注目されています。

下記のような方々におすすめのウェビナーです。

  • 創薬研究・開発分野で細胞培養やアッセイ構築を行っておられる研究、開発者
動画ボタン

ウェビナー動画の視聴をご希望の方はこちらからお申し込みください。

ウェビナー動画視聴を申し込む

iPS細胞由来神経細胞の創薬研究開発への利用について、現状と課題をご紹介

iPS細胞由来神経細胞の創薬研究開発への利用について、現状と課題をご紹介

記憶・学習や気分などのヒト脳の高次機能に医薬品がもたらす作用を、創薬のターゲット化合物探索レベル、薬効薬理、毒性試験、安全性薬理などの非臨床試験の段階で、実験動物を使わずに試験できる方法の開発が求められています。
本演題では、iPS細胞由来神経細胞の医薬品開発への応用について、医薬品安全性ガイドラインの内容を踏まえ、現状と課題をご紹介いたします。

動画視聴お申し込み

お名前は必須入力項目です。必ず入力してください。
法人名/研究機関は必須入力項目です。必ず入力してください。
所属は必須入力項目です。必ず入力してください。
職種は必須入力項目です。必ず入力してください。
役職は必須入力項目です。必ず入力してください。
同意事項

個人情報のお取扱いについて
お客様にご入力いただきました個人情報は以下の目的以外には使用しません。
・お客様からのお問い合わせ、ご意見・ご感想への回答のため
・お客様からいただいた、講習会への申込みのため
・新製品のご紹介、製品セミナー開催のご案内など、ニコン製品に関する今後のご案内のため個人情報は、株式会社ニコンソリューションズが取得し、ニコングループで共同利用させていただきます。
管理責任者は、株式会社ニコンソリューションズとします。
個人情報に対するお問い合わせ先:株式会社ニコンソリューションズ
個人情報保護について
SSL(暗号化)について
ご入力いただきました個人情報は、暗号化され送信されます。SSL(暗号化)システムに対応していないブラウザでは、送信および次の画面での確認が行えませんことをご了承ください。
SSL対応のブラウザをご使用ください。

同意事項は必須入力項目です。必ず選択してください。

    カテゴリーから探す

      このページをシェアする

      • facebook
      • Twitter
      • LinkedIn
      ウェビナー情報ウェビナー情報
      閉じるウェビナー情報