コンフルエント
こんふるえんと
confluent

コンフルエントとは、接着細胞が培養容器の接着面を覆いつくした状態のことです。接着細胞の培養では、培養容器接着面を培養細胞が覆った割合(細胞占有面積率、あるいはコンフルエンシー)により、細胞の増殖の状態を把握することができます。
培養容器の接着面の70~80%程度が培養細胞で占められ、まだ細胞が成長できる余地がある状態をサブコンフルエント、培養容器の接着面が培養細胞で完全に覆われ、細胞が単層としては成長できる余地がない状態をコンフルエントと言います。コンフルエントに達すると、正常細胞の場合には、コンタクトインヒビションが起きます。つまり、細胞が接触することにより細胞増殖が阻害され、継代後に細胞増殖能が低下してしまいます。しかし、不死化細胞など一部の細胞株では、このような接触阻害が生じず、細胞の上に更に細胞層を形成し、増殖を続ける場合もあります。浮遊培養細胞では、細胞数が増えてくると、培養液が濁って見えてきます。コンフルエントに達すると細胞が凝集し、増殖速度が低下していきます。
通常、コンフルエントに達する前のサブコンフルエントの時点で継代を行います。

関連用語

もっと詳しく学ぶ

この用語の関連事例

    ウェビナー情報ウェビナー情報
    閉じるウェビナー情報